スポンサードリンク

チャーム本店

このサイトはアクアテラリウムをメインに解説しています。

今では水草でレイアウトする水草水槽や熱帯魚を飼育するアクアリウム、瓶などの小型容器に苔を植栽して楽しむテラリウムが広まっています。

アクアテラリウムという言葉を知り検索しているということは、すでにどちらかをやっているのではないでしょうか。

アクアテラリウムは一つの水槽の中に陸地と水中をつくるもの。アクアリウムとテラリウム両方の要素を持っているのがアクアテラリウムです。

水辺の自然風景を作ることができるのが魅力です。

 

アクアテラリウムは情報が少なくどういったものなのか、何が必要なのか、どうやって作るのかというのが気になるところですよね。

この記事では、アクアテラリウムとはどういったものなのか、陸地の作り方にはどんなものがあるかをまとめてみたいと思います。




アクアテラリウムって?楽しみ方は?

アクアテラリウムとは一言で言うと「水辺の自然を再現する」といったもの。

一つの水槽の中に陸地と水中を作り、淡水の水辺を表現します。

アクアリウムとテラリウムの特徴を合わせ持つことからアクアテラリウムと呼ばれています。

陸地には滝

アクアリウムやテラリウムに無いアクアテラリウムの魅力といえば滝でしょう。

フィルターの排出する水を陸地に流し、滝を作ります。

陸地に滝が流れることで動きが出てボーッと観察するのも楽しいですし、水のせせらぎ音が楽しめます。

苔などの陸上植物の育成

陸上では苔や熱帯性植物などの陸上植物を育てることができます。

うまく作り込めばミニチュアの自然風景をつくり楽しめます。

下半分の水中では熱帯魚を飼育

渓流アクアテラリウム

アクアテラリウムの下半分は水中なので、そこで熱帯魚などの水生生物を飼育することができます。

このようにアクアリウムとテラリウム両方の楽しみができるのがアクアテラリウムの魅力です。

アクアテラリウムに必要な水槽器材、材料

アクアテラリウムを作るのに必要なものはざっくりと、

  • 水槽
  • フィルター
  • 水槽用照明
  • 陸地を作るための流木や石
  • 土や底砂
  • 苔や観葉植物
  • 水草

器材の選び方やレイアウト材料について詳しく知りたい方はこちらを参考にしてください。

アクアリウムをやっていてすでに器材があるなら流用でもOK

すでにアクアリウムをやっていて、水槽などの器材が揃っているならば新しく買う必要はありません。

フィルターなど少し加工が必要になるかもしれませんが、流用して作ることができます。

これから始めるならアクアテラリウム用の器材がおすすめ!

ただ、特にアクアリウムやテラリウムの経験がなく、これから始めるといった方はアクアテラリウム専用の器材を購入することをおすすめします。

最近はアクアテラリウム用の器材も増えてきています。それらを使うことでだいぶ作りやすくなりますよ。

アクアテラリウムの陸地の作り方は?

アクアテラリウムの作り方は人によって様々ですが、大きく分けて3つの作り方があると僕は考えています。

  1. 流木を組んで陸地を作る方法
  2. 土台に石を貼り付ける方法
  3. アクアテラリウム用の水槽を使う方法

基本はこの3つで、あとは人それぞれ工夫して作っているといった感じです。

おそらく、アクアテラリウムを作ろうとした時に一番最初につまづくのが陸地の作り方ではないでしょうか。

アクアテラリウムは、アクアリウムやテラリウムに比べて作り方が確立していません。

どんなものを作るにしろ、まず陸地をつくらなければならないので工作の要素が強くなります。

アクアテラリウムに使用する植物

植物は強い光を必要としない陰性植物で構成することがおすすめです。

陸地は苔や観葉植物でレイアウトし、影になりやすい水中は陰性水草を使用することが多いです。

陸上苔や水性モスを水上化させて使う

苔は水に浸る部分にはアクアリウム用のモスを水上化させて使用したり、水があまり行き届かないところには比較的乾燥に強いハイゴケなどの陸上の苔を使用します。

苔ごとの対乾性に応じて、うまく配置を変えてあげることが綺麗に育てるコツになります。

ハイドロカルチャーなどの観葉植物

レグラスポニックス 20cm水槽

陸地には苔の他に観葉植物を使用します。

使用するのはホームセンターなどで売っている、ハイドロカルチャーがおすすめです。

水耕栽培ができる観葉植物は根腐れしにくいので、下半分が水になっているアクアテラリウムとの相性が良いです。

水中は陸地で影になりやすいので陰性水草がおすすめ

アクアテラリウムは陸地を大きくレイアウトするので、水中が影になりがちです。

また、滝などを作っていると二酸化炭素を添加しても逃げてしまうので一般的な水草の育成は困難です。

なので、二酸化炭素の添加や高光量を必要としない陰性水草がおすすめです。

アクアテラリウムで飼育できる生体

アクアテラリウムはただのインテリアとしてだけではなく飼育設備としても使えます。

水中部分に熱帯魚やエビ

下半分は水中ということでアクアリウム同様、熱帯魚やエビの飼育をすることができます。

ヒーターを設置しない場合はメダカなどの温帯魚やエビ類がおすすめです。

陸地と水中を行き来する両生類

アクアテラリウムはカエルイモリといった両生類の飼育に使われることが多くあります。

せっかく上半分が陸地ならば、陸地と水中を行き来するような両生類も飼ってみたいですよね。

そのほかにも、ミシシッピニオイガメのような小型亀もおすすめです。

【中級編】アクアテラリウムにミストメーカーを組み込もう

ミストメーカーというのは超音波霧発生装置のこと。

苔などの植物に水を与える効果や、自然風景に霧がかかったような神秘的なレイアウトを楽しむことができます。

本体は5cmくらいのおちょこサイズでレイアウトにも組み込みやすく、2000円前後で購入できるので簡単に導入できるのでぜひ試してみてください。

 

【上級編】アクアテラリウムの滝の作り方

せっかくアクアテラリウムをやるなら、フィルターを陸地に接続して滝を作ってみたいといった方も多いでしょう。

陸地を作る難易度が上がりますが、陸地に動きができるのでよりアクアテラリウムを楽しむことができます。

2つの作り方を紹介するので、ぜひチャレンジしてみてください。

流木や石で流れ道になりそうなものを探す

流木や石など水の流れ道ができそうなものを探して作る方法。

単純に形のいいものを探して上から水を流すだけなので初心者の方でも作りやすい方法です。

発泡スチロールなどで滝の土台を作る

発泡スチロールなどで水の流れ道を作り、それを隠すような形でレイアウト材料を配置する方法。

レイアウト材料の形状に左右されず、自分の理想とする滝を作ることができるのが魅力です。

いろいろ試行錯誤しながら作ってみてください。

 

アクアテラリウムの特徴、陸地の作り方まとめ

渓流アクアテラリウム

アクアテラリウムはアクアリウムとテラリウム両方の魅力を併せ持つ最高に楽しいものです。

今は認知度が低いですが、もっと広まってくれるといいなと思っています。

このサイトではアクアテラリウムを紹介しています。実際に制作したアクアテラリウムも多く載せているのでぜひチェックしてみてください。